語り唄:広島のあの日

こんにちは、語り唄のゆ・あです。


今日は、広島に原爆が投下された日ですね。






広島のあの日の空は雲一つない青い空だったそうです。

語り唄:広島のあの日


去年、仕事の関係でお会いした92歳の女性・Kさんから、いきなりそう言われたのです。








Kさんとは定期的に、月一回、お会いしていました。






けどその日は、お会いしてすぐに、「私はあの時の飛行機を見ていたのよ、あの日の広島は雲一つない、青い空でね、、、、」と、話されたのです。





私は驚いて、「えっ!?、えっ!?、飛行機って原爆を落とした飛行機を!???」って聞きました。





Kさんは、ちょっとニコっとして、うなずきました。            









そのあとは、Kさんが話しては私が質問して、、、という感じでお話が進みました。









このKさんのお話を、まとめて” 語り唄 ” にした「平島のあの日」は、こうして完成しました。(上の文章は、その一部を簡単にまとめたもの9








去年2019年8月の、「平和のための小さな朗読会」で、発表させていただきました。







いつか、もっと多くの方々に、この私の” 語り唄:広島のあの日 ” を聞いてほしい、と思います。









Kさんと話しているときに、感じたのは、あの当時みんなみんな必死だった、ということです。




悲惨な出来事の中で、「何でこんなこと!」とか「なぜこんな目に合うのか?!」とか、そんなこと言う暇もなく、ただただ起こったことに、起きたことに一生懸命に自分のやれることをしてきていた、、、。



毎日毎日を、みんな一生懸命に過ごしていたのだ、ということです。





そういう方々がいたからこそ、今がある、、、、そう思わずにはいられません。



黙とうーーーーー。

















歌うように語り、語りように唄う、ということを掲げています。

ゆ・あへのご連絡は、こちら、です。


#語り唄ゆ・あ #ゆめのたね #岡田尚起 #佐藤大輔 #広島のあの日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック