エッセー:言葉を発する事は人柄を現す

こんにちは、語り唄のゆ・あです。

文面だけで人柄って、なんとなく分かってしまうものだな、と感じています。





もちろん、100%分かるわけではないです。




けれど何回かやり取りをしていると、もっと人柄が見えてくる、そんな気がします。







というのも、昨日、ツイッターでとある方とやり取りをしました。



その方の、文章・文面(コメントか、、、 )で、お人柄を現すなと感じたのです。






そのやり取りのどこがどう、って具体的には説明ができないのですけれどもね。







それと反対に、なんか??かな、と感じることも、あったりしますよね、SNSを使っていて。







言葉って、結局のところ、発するのは私・その人本人なのだなぁ、と。



だから、ところどころに、人間性がでてしまう。







会ったことがない人が相手であるときには、気を付ける・気を使う、ということは、当然あることではありますけどね。





そしてそう感じるのも、自分のファクターを通して感じ取っている、ということも忘れてはいけないし、違うファクターからも見れるようにする、ということも大切な気がします。





昨日は、改めて、発する言葉の大切さを感じたので、ちょっとブログで書いてみました。














歌うように語り、語りように唄う、ということを掲げています。

ゆ・あへのご連絡は、こちら、です。


#語り唄ゆ・あ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック