”語り唄”の今後を見据えるように、、、、

こんにちは、語り唄のゆ・あです。
先週は、ブログ投稿をお休みしていました。



8月13日のブログで、8月11日に行われた「平和のための小さな朗読会」が無事終わった、ということを、ご報告しました。







今、かなりホッとしています。


かなりノンビリ、ぼんやりムード、、、、、です。








今月8月末に、神奈川の瀬戸屋敷でオープンマイクがあるので、それに参加する予定です。





今回は新曲ではなく、昨年作った曲・これも昨年の「平和のための~~」のために作った作品(タイトル忘れたぁ~)と、今回の曲「あの日の空は青かった」の2曲を歌おうと思っています。








が、この頃思うのです。




やみくもに作って歌うのではなく、もう少し考えたほうがいいのでは、、、、、と。




それなりに私のやってる”語り唄”を、プレゼンしていく形・自己プロデュースしている感じで、披露していくべきなのでは???、と感じています。








でないと、ただの趣味で終わってしまう。





”大いなる趣味”なのです、”語り唄”








語り+朗読+歌=語り唄、と称してパフォーマンスをしています。





言葉を伝えていきたいと、思っています。







けど、なかなか自己プロでニュースって、難しいんですよね、、、、。


上手くできるかなぁ、、、、。。。。











歌うように語り、語りように唄う、ということを掲げています。

ゆ・あへのご連絡は、こちら、です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック