エッセー:ほどほど感

こんにちは、語り唄のゆ・あです。
家の庭の、手入れ・雑草取りなどなど、仕事から帰ったら、するようにしています。






この雑草取り、かなり真剣にやってます。







昨年の秋の終わり頃、お隣さんとの境の庭の土を、入れ替え(もちろん雑草を取って)、いろんなお花の球根を植えました。







この春、見事に咲きだしてくれて、嬉しいし楽しいんです。








で、雑草を絶対に生えさせたくない!!!!、という決意の下、仕事から帰ってきては、小さな雑草の芽を引っこ抜いています。





始めはね、全然雑草の生えていないこの庭が、嬉しくて仕方なかったんです。



う~ん、完璧!!!、って。







でもこの頃、あまりにも生えなさすぎる、というのは返ってお花たちにとって、良くないのではないか?と、思うようになってきているんです。







なんというか、、、、、共存?するべき、してもいいのか???、と。








雑草があるから、もしかすると、土は柔らかいのかも??とか、思うし、もうすでに、お花の根元に根付いちゃっている雑草もいたりします。



そういう雑草は、絶対にもう、取り除けないーーーー。







何事にもほどほど、ってあるような気がするのです。







とはいえ、ドクダミは絶対に生やしたくはないし、、、、。







雑草の強さにちょっと感動して、5月7日のブログでは、”信じる力”なんてタイトルつけちて投稿したりしています。





ほぼ雨の日以外毎日、庭の土や雑草やお花、植物に触れて、いろんなことを感じています。






今日は、”ほどほど感”、、、も大事なのかなぁ、、、なんて感じたので、シタタメテみました。








いつかこのこと、”語り唄”にできれば、と思います。










歌うように語り、語りように唄う、ということを掲げています。

ゆ・あへのご連絡は、こちら、です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック