エッセー:ポジティブシンキングという落とし穴

こんにちは、語り唄のゆ・あです。
自分を高めるための本とかに、よく“ ポジティブな言葉を言うようにしよう! ” とか書かれていたりします。



なるべくそうしたいと、思う。




けど、人間だから、落ち込むことだってあるし、ムカつくことだってイライラすることだって、あるでしょ。





そうそう、いい人でいられない。


そうそう、いい言葉ばかり発していられない。





って、思うのです。






神さまじゃあないんだから。







こう開き直るのは、いけないでしょうか?





おかしなことに、落ち込んだりムカついて当たり前の状況で、ポジティブでなかったことに、ポジティブでいられなかった自分に、落ち込んだりする。





ダイエット中に、甘い物を食べてしまった時に似ている罪悪感を、感じぜずにはいられないのだ。。。。。





“ ポジティブシンキング ” なる事、ちょっと流行りすぎていないだろうか?




そういう私も “ ポジティブシンキング ” に完璧に振り回されているひとりだーーーー。








いつかこの気持ちを、”語り唄”としていつかこのことを、表現していければと思っています。








歌うように語り、語りように唄う、ということを掲げています。

ゆ・あへのご連絡は、こちら、です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック