エッセー:夏みかんの新芽

こんにちは、語り唄のゆ・あです。
先月、うちの夏みかんの木を、剪定しました。




例年よりバッサリと、切りました。



大きくなり過ぎていたので、手入れが行き届く範囲になるまで、バッサリと切りました。







もしかしたら来年は、夏みかん、あんまり成らないかもなぁ、と思いつつ。








なのに、昨日、ふと夏みかんの木を見上げたら、なんと新芽がいーーーーーーっぱい出ているではありませんか!


語り唄のゆ・あ:夏みかんの木の新芽


手前の木、2本に見えますが、1本の木です。





そのうちの向かって右側、いっぱい新芽が出ていますよね。





この他にも、切られずに残っている枝から、いっぱい新芽が上を向いて伸びてきています。








あーー、、、、本当に植物ってなんて強いんだろうか、、、、、。






枝や幹を切られた瞬間から、どこから芽を出すか、考えるんじゃないだろうか。







芽が出ない、なんてこと微塵も思っていない。







そんな強さ、私にも欲しい。





結果がでなくてもやり切れる強さが。



結果なんて関係なく、やる続ける強さが、欲しい。






いつもいつも、小さな庭の小さな花や木たちから、私は本当に、生きる力をもらっている。









いつかこの気持ちを、”語り唄”としていつかこのことを、表現していければと思っています。








歌うように語り、語りように唄う、ということを掲げています。

ゆ・あへのご連絡は、こちら、です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック